ネット通販で気をつけること

便利なネット通販にひそむ危険とは・・・

 

ネット通販って便利ですよね。
最近ではPCからでもスマホからでも、簡単にものが買えるようになりました。
ネット通販の利用者は、年々増えていっています。

 

どのくらい利用者が増えているかというと、図1のような感じになっています。
二人以上の世帯におけるネット通販を利用した世帯の割合は、どんどん増えていることがわかりますね。

 

 

このように便利になるってことは、利用者もどんどん増えるということになります。
人が増えるとどうなるでしょう?
そう、その分犯罪も増えるんです。

 

これは歴史的に見てもそうかもしれませんね。
生活をより便利にできるものというのは、裏を返せば悪いことにも利用できてしまうということです。
それでは、どのような危険が潜んでいるか見ていきましょう。

 

そのサイト本当に信頼できますか?

 

よし、あとクリックするだけで決済完了!
とネットショッピングを楽しんでいるあなた。
欲しいものを買うっていうのは、楽しいですし、いざ自宅にとどく時ってうれしいですよね。

 

でもちょっと待ってください。
あなたが利用しようとしているサイト、本当に信頼できますか?

 

サイトのURLを見てみる

 

最近では、巧妙ななりすましサイトもよく見かけるようになりました。
実際に見てみると、かなりオリジナルに似ているものも多くあります。

 

じゃあ、どこで判断したらいいの?

 

そうですね、判断が難しいですよね。そんな時はまずURLを見てみましょう。

 

URLとはインターネット上のアドレスのことです。
「https://・・・・・・・・.jp」みたいなやつですね。
正規のネット通販店や、公式通販ショップのURLと比べると、なりすましサイトは微妙に文字が違ったりします。

 

欲しい商品の通販サイトにたどりついたら、一旦冷静な目でそのサイトを見ることも大事です。
せっかくの楽しいショッピングで、だまされたなんてことになったらショックですよね。

 

サイトの証明書を確認する

 

重要な情報を入力するときに、第三者から情報を読み取れないような暗号化通信がおこなわれているか確認しましょう。
どうやって確認するかというと、わりと分かりやすいのでぜひ覚えておいてください。

 

先ほど言ったURLですが、その先頭が「http」ではなく「https」になっているかということを確認してください。
httpsになっている場合、保護された通信ということになります。

 

(参考写真) 保護された通信になってます。

 

 

インターネット通信環境

 

あなたは決済で何を使用しますか?
クレジットカード?
銀行振込み?
代引?

 

いろいろ方法はありますが、便利なクレジットカードを使う時が多いんじゃないでしょうか。
クレジットカードでの支払いの場合、決済前には情報を入力しますよね。
そのときの通信環境によっては、悪意ある第三者に情報を抜き取られる可能性があります。

 

クレジット番号、有効期限、名前、カード裏のセキュリティコード
これら全ての情報が取られてしまうと、勝手にカードを使用されてしまうということになってしまいます。

 

そこで大事なのは、外のフリーwifiではネット通販はしない。
ということです。

 

フリーwifiは便利なので、喫茶店やレストラン、空港などの施設で繋いでいませんか?
フリーのため、通信自体が守られていません。
そうなると通信内容が第三者に読み取られてしまうということになります。

 

なのでネット通販をしたいときは、家での通信や自分のwifiなどで行いましょう。

 

 

返品やキャンセルはできるかの確認

 

こんなことがあったら、あなたはどうしますか?

 

実際に商品は届いたけど、不良品だった・・・

 

こんなときは、返品を考えますよね。
でも事前に確認しておかないと、返品できないこともあるのです!

 

未開封に限り返品可などの場合、空けてしまうとアウトです。
購入前にきちんと条件を確認しておきましょう。

 

返品の際の送料負担も、こちらがやるのかなども確認しましょう。

 

 

代引き詐欺

 

悪いことをする人って、いろいろなことを思いつくものです。

 

代引きって、家族に代わりに受け取ってもらったりしますよね。
あなたは、代引き商品が届けられることを家族に伝えていますか?

 

よく伝えているなら問題ないのですが、全然伝えていなくて家族が代金を支払い、受け取ることがあります。
そういった部分を狙った犯罪が、代引き詐欺です。

 

「○○さんにお荷物です」
と、伝えられ代引きであることを告げられると、家族が何か通販で買ったのかなと思ってしまいますよね。
それで、数千円や数万円を取られてしまい、中身はゴミだったなんてことがあります。

 

お金を払ってしまうと、取り戻すことは難しくなってしまいます。
お金を払う前に、送り先になっている家族への確認をおこないましょう。
また、日ごろから代引きを利用するときは、家族に伝えておきましょう。

 

 

前に戻る



先頭へ戻る

特定商取引法に基づく表記