ビジネスバッグについて

 

ビジネスバック探し

 

ビジネスマン御用達!上質な皮革製品のビジネスバッグをゲットしましょう。
やはりビジネスマンは、外の人から見られる仕事でもあるので、外見というのは非常に重要な要素の一つになります。
スーツや靴の印象も大事ですが、ビジネスバッグも大事です。

 

 

皮革とは

 

皮革(ひかく)とは、動物の皮膚を生のまま、またはなめしてあるものを指します。
皮革は汗を吸い、発散し、風を通さない、カラダになじみやすい快適な衣料素材です。

 

人間の肌と同じように一匹ずつ、また部位によっても厚みた外観、革質に違いがあるので、繊維製品より個性がでるものになります。
なかなか繊細な材質なので、日ごろの手入れが大事になってきます。

 

簡単な手入れ方法

 

革バッグ(カバン、袋物)は、少し使うと、使う人に馴染んで、さらに良さが増してくるものです。
ただ、もともと天然のタンパク質からできていますので、扱い方を間違ったり、手入れを怠ると、製品の寿命が極端に短くなってしまいます。
革製品を長くご愛用頂く為にも、ここでは簡単な手入れや保管方法をご紹介します。

 

水に濡れた場合

 

雨など水に濡れてしまった時は、乾いたタオルで叩くようにして水気を除き、風通しの良い場所で陰干しします。
濡れた革は熱に弱いので、ストーブやヒ−ターなど高温には絶対近づけないようにしてください。
また、乾燥すると、変形することが多いので、できるだけ変形しないように形を整えてから乾燥するようにしましょう。

 

防水スプレーなどで、ケアする方法もオススメです。

 

汚れ落とし

 

普段は柔らかい布でから拭きしたり、ブラッシングしてホコリをはらう程度で十分です。
外から帰ってきたときに、さっとブラッシングをするだけでも良いです。
手アカや汗などで汚れがひどくなってきたら、クリーナーを布につけ、軽く拭くようにしましょう。

 

保管時

 

最も気にかかるのがカビです。梅雨時期など心配ですね。
長く保管する時はカビの栄養分になってしまう汚れやホコリをできるだけ除去することが大事です。
湿ったタオルで、汗などが付着していそうな部分を拭いてあげるといいです。
天気の良い日に陰干しして、水分を少なくしてから保存するとなお良いですね。

 

 

ビジネスバッグは意外に見られている

 

人の印象、付き合い方というのはほとんど第一印象で決まるという話もあるくらい、第一印象というのは大事です。
ビジネス上での第一印象を、どのようなポイントで判断しているかのデータがありますので見てみましょう。

 

出典:prtimes

 

礼儀、清潔感、常識の有無、人柄と続いています。
全て個人の努力で、改善できる内容だと思います。

 

これらの中で、70.4%を占める清潔感の部分にビジネスバッグは関わってきます。
(広い意味で言うと、他の項目にも関わります)
ものすごく使用されていて、ぼろぼろのバッグと、きれいに使用されているバッグを比べるとどちらがいいかは一目瞭然ですね。
中には、適度に使用されていて味が出ているものもありますが、それはぼろぼろとは言いません。

 

スーツや靴、髪型などが清潔感のメインの部分かもしれませんが、ビジネスバッグで手を抜いてしまうと折角の良い印象も崩れてしまいます。
ビジネスバッグも見られているポイントなので、気をつかっていきましょう。

 



先頭へ戻る

特定商取引法に基づく表記